理解と感謝

2015-11-23 04:36:39

カテゴリー:子育

昨日、半日をかけてセミナーに参加して改めて思ったこと。

 

僕がこうやって自分のやりたいことに挑戦できるのは、

家で子供の面倒を見てくれる奥さんがいるからだということです。  

 

 

僕は普段、家で仕事をしているので子供と過ごす時間も多く、

サラリーマンの時よりも 育児の大変さを身を持って実感しています。  

 

まだ幼稚園や学校に行っていない子供が2人となると、

買い物に行くのも、ご飯を食べるのも、お風呂に入るのも、

家で生活しているだけで本当に大変です。  

 

世の中、「育児は大変」という 漠然とした認識はあっても、

その光景を近くでいつも見ていないと、 心のどこかで、

 

「仕事に行くより家にいる方が楽だよな。」

「子育ては奥さんがするのが当たり前。」

 

と思ってしまうんですよね。  

 

 

実際に僕の前の職場の先輩で、そういう方がいらっしゃいました。

育児にもあまり協力的ではないのに、子供は2人、しかも年子。

 

下の子を抱っこ紐で抱っこしながら、上の子と手を繋いで買い物袋も持ち、

バスで買い物に行ってる先輩の奥さん。

 

本当に超人だったなぁーと、 今になってその凄さを改めて実感しています。  

 

 

僕は決して、夫婦の分業制を否定してるわけではありません。

それは個人の考え方や、夫婦間の決め事が違うわけですから、それぞれに適したものがあると考えています。  

 

 

ですが、

 

お互いの頑張りを理解する。

理解しようとすることは 絶対に必要なことだと思っています。  

 

これをしないと、互いの普段の頑張りを何事もなかったかのように、

「当たり前」だと認識し、 感謝することを忘れてしまうからです。

 

 

そういった意味でも、 今のライフスタイルを持てたことは本当に良かった。

 

僕も奥さんがどれだけ頑張っているかを見て理解しているし、

奥さんも僕がどれだけ仕事に取り組んでいるかを理解している。  

 

だからこそ、セミナーで家をあけるといった些細なことでも感謝できる。  

 

 

恥ずかしいことですが、サラリーマンで働いていた時は、

それが全くできていなかったので、反省しています。  

(当時は、本当に何も考えずに 日々の生活を送ってしまっていました。)  

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家族を持つために転職し、家族との時間を持つために独立して今の仕事を始めました。

 

その仕事で自分のやりたいことが見えてきて、それをやるために、

自分を成長させるために、自分のために頑張っている。  

 

でもそこで僕は家族に支えられている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

 

なんか不思議ですが、お互いに想っているからこそ、 絶妙な感じで支え合っているのだと思います。      

 

 

全く違うことのようですが、これはビジネスにも当てはまることだと、 僕は思っています。  

 

買って下さるお客様も人。

取引先にも人。

発送を行ってくれる倉庫にも人。

システムを管理してくれるパートナーも人。

同じ志を持った仲間も人。

尊敬する経営者も人。  

 

家族ではないわけですから、より一層難しいことではありますが、

ここでも夫婦のような想い合い、支え合いができれば、 間違いなく相乗効果が生まれます。  

 

そういった意味でいうと、 ビジネスのパートナーも人生のパートナーと一緒ですね。

 

お互いに理解でき、進めていくことでさらに絆を深め合っていける関係。  

そういう風に仕事ができる人と、どんどん出会っていけたら、もっと人生楽しくなりますね!      

 

今現在、繋がっているパートナーには、

普段の仕事や行動を当たり前だと思わずにしっかりと感謝し、関係を深く強いものに していきたいと思います。  

 

 

そして、 人生をより良くするためのパートナー (ビジネスパートナー) と新たに出会っていくためにも、

僕自身がもっともっと人として成長し、 素晴らしいパートナーと 支え合える人間になれるように、 日々精進していきます!!






■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


佐野 正一のさらに濃厚な情報を、メールマガジンで配信中です!!


無料ですのでお気軽にご登録下さい。 ⇒ 登録はこちら


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント