立ち止まるのか、進むのか

  1. Home
  2. 立ち止まるのか、進むのか

2014-10-08 03:36:12

カテゴリー:ライフスタイル


なにかのせいにしている限り、

何も始まらない。



今まで生きてきた中で、

何かがうまくいかなかった時、

思い通りにならなかった時、

それをなにかのせいにしたことが

あると思います。



自分の給料が悪いのは会社のせい。

出世できないのは上司が良くないから。

上手くできないのは道具がダメだから。

自由な時間がないのは家族がいるから。



周囲の人や環境、物。

そういった外的要因の

せいにしますよね。



それは、

人がとても弱い生き物だからです。



自分のことを正当化するために、

自分以外の何かに責任を押し付ければ、

自分は気が楽だし、傷つかなくて済む。



確かにそうですよね。

そっちの方が、

その時だけを考えた場合、

とても楽だと思います。



だからみんな、

飲み会に行っては、

会社や上司の愚痴

言い合うんですよね。



気持ちはよく分かります。

僕自身もビジネスを始める前まで

ずっとそうでしたから。




でもよく考えてみると、

上手くいかないことを全部

外的要因のせいにするのって、

めちゃくちゃヤバいことなんですよね。



だって、全てを自分以外の

せいにするってことは、

《自分の人生を外的要因に委ねてる》

ってことなんですから。

 



物事が上手くいくのもいかないのも、

人生が楽しいのも楽しくないのも、

ぜーんぶ「なにか」のせい。



自分の人生が全て、

周りの人や環境、物に左右される。



そういう風に考えたら、

何かのせいにするのって

ありえないですよね。



自分の人生は、

自分で決めたいじゃないですか。



少なくとも僕はそう思ってます。




そのためにもまずは、

何事も

自分に今できることはこれ以上ないか?

を考えることです。



仕事の成績が上がらない

× 時期が悪いから仕方がない。

○ 自分にできることはないか?



残業が多くて家族の時間がとれない

× 仕事が多いから仕方がない

○ もっと効率化できないのか?



これを実践することで、

初めて結果が出る要因に、

自分自身の意思を

加えることができます。



ただし、実践したからといって、

最初から結果が

100%出るわけじゃないですよ。



あくまでも、

結果が出る要因の一部に、

自分の意志が加わるだけですから。



でも、少なくとも

無駄な言い訳や愚痴はなくなります。

その結果に対して何よりも第一に、

自分がどれだけやったかが

問われるんですから。




この姿勢で取り組むなら、

何回失敗したっていいんですよ。



前回の失敗よりも一歩、

そして次回はさらに一歩。

という風に、

前に進んで成長できるんですから。



その場しのぎの楽さをとって、

何かのせいにするのを繰り返して、

一生その場所で立ち止まるのか。



それとも、

何をするのも自分の責任と考えて

取り組み、着実に前に進んでいくのか。




「なにかのせいにしている限り、

何も始まらない。」



何も始まらなければゼロです。

まずは何でもいい、

どんなかたちでもいいから、

自分の力で

最初の1歩を踏み出してみましょう。




p.s.

写真は公園にピクニックに

いった時の写真です。



何故か、教えてもいない

太極拳のような動きをしてました。笑






■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



佐野 正一のさらに濃厚な情報を、メールマガジンで配信中です!!



無料ですのでお気軽にご登録下さい。 ⇒ 登録はこちら



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。

コメント(必須)