目標の何故?

  1. Home
  2. 目標の何故?

2014-10-09 10:10:19

カテゴリー:マインド



何故?を

明確にしないとダメです。



何かに取り組む時、

自分なりの目標って立てますよね?



例えば、

会社で出世する とか、

副業で月にいくら稼ぐ とか、

いついつまでに資格を取る とかですね。



何にも考えないで取り組むよりも、

目標を立てる方が、

間違いなく目標達成の確率は上がります。



でも上記のような目標の立て方だけでは、

僕は不十分だと思っています。



そこに足りないモノ。

それは「何故?」です。



その目標を達成したいのは何故なのか。

達成して何かがしたいからなのか。

その理由を明確にすることで、

自然にその目標に向かって、

行動ができるようになるんです。




漠然と、

「英語を話せるようになる。」

っていう目標を立てても、

中々行動に移せなかったり、

しても長続きしないと思うんですね。



でもその目標に、

「何歳までに海外に移住するために」
 
という明確な理由があったら、

自然に、やらなきゃまずいって

思いますよね?



そういう風に思って、

自分が自然と行動できるまで、

自分に自問自答するんです。



今まで生きてきて、

こういったことを考えたことがない場合、

最初のうちはすごく面倒に感じると思いますし、

頭の中がごちゃごちゃになると思います。



自分ではなんとなくの理由はあるつもりでも、

いざ「何故?」って自分に問うてみると、

上手くまとめて言葉で表現できなかったりするんですよね。



でもこれを繰り返し繰り返し、

自分の中で腑に落ちるまで洗練させた

「目標+理由」は、上辺だけの薄っぺらい目標と比べて、

何倍も何百倍も強固なモノになっているはずです。



そこまでやって、

自分の中に強固な目標を落とし込めたら、

絶対に達成のための行動ができるし、

簡単にその目標を諦めるなんてことはできなくなっていますよ。




実際、僕も副業で今のビジネスを始めた時は、

目標を立てて、その理由も明確に考えました。



生まれてくる子どもを含めた家族で、

たくさん遊びたいし、

美味しい物が食べたいし、

行きたいとこに旅行に行きたい。


それを実現するために、

いついつまでにいくら稼いで、

会社を辞めて独立する。



その明確な「目標+理由」があったから、

当たり前のように行動ができたし、

失敗があっても諦めずにやり通して、

目標を達成することができました。




その当時から、セミナー等で会う人に

「何でそんなに早く結果が出せたんですか?」

とよくきかれることがよくありますが、

突き詰めて言ってしまえば、

明確な「目標+理由」があるかないかの違いでしかないです。



ノウハウがどうこうとかいう細かなことよりも、

自分の目指すとこへの明確さと、その決意の固さ。

こっちの方が、よっぽど大切だって思っています。




こういう考え方を意識すれば、

小さな行動にも理由をプラスできるようになります。



そのセミナーに参加するのは何故?

その国に渡航するのは何故?

そこに行って何が得たいのか。

それを得て自分はどうしたいのか。



小さなことでも、

理由を明確にすることで、

得られるものの大きさが大きく変わってきます。



「行ったら何か変わるだろ」は、

ジムに行っただけで痩せると思ってるのと一緒ですよ。



だからこそ、

何事も自分で意識して取り組んでいくことが重要ですね。




p.s.

自宅にお義母さんが来ていたのですが、

息子がなついて、お義母さんが帰る時に

一緒に行きたいと言い出したので、

お義母さんに甘えてそのまま預かってもらうことに。



久しぶりに夫婦2人で食事できることになったので、

いつもはゆっくり食べれない、焼肉を食べに行ってきました。



会話を楽しみながらゆっくり食事ができて、

奥さんも僕も大満足でした。



たまにはこういうのもいいもんですね。






■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



佐野 正一のさらに濃厚な情報を、メールマガジンで配信中です!!



無料ですのでお気軽にご登録下さい。 ⇒ 登録はこちら



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。

コメント(必須)