その先には人

  1. Home
  2. その先には人

2014-11-12 00:00:08

カテゴリー:ビジネス



先日の記事では、

家族に感謝の気持ちを持ち、

それを相手に伝えることで

お互いの関係がさらに良くなる

ということを書きました。



実はこのことは、

家族に限っての話ではありません。

あなたと関わる人、

その全員に共通する話なんです。




僕が実践している物販ビジネスは、

インターネットを活用することで、

個人でも始められるビジネスです。



それでも、ある程度の売り上げが

あがるようになってくると、

1人だけでは大変になってくるんですね。




行程に分けると、

新規に扱う商品をリサーチしたり、

注文が入った商品を梱包・発送したり、

お客様からの問い合わせに返答したり等、

様々な業務があります。



売り上げを2倍にしようと思ったら、

それら全ての行程にかける時間や手間も、

単純計算で2倍になるわけです。



でもそれを1人で実行するには、

時間的にも、物理的にも、難しいんですよね。



僕も昔、1日に40〜50件位

自宅から商品を発送していた時があったのですが、

そこに時間をとられ過ぎてしまって、

他の行程にかける時間が少なくなってしまい、

結果的に売り上げは大して変わらない。

ということを経験したことがあります。




そこで必要になってくるのが「外注」

または「アウトソーシング」って言われてるやつです。



梱包・発送などの単純作業を、

自分の代わりにやってもらうということですね。



それによって単純作業に

自分の時間をとられることなく、

利益に直接結びつく部分の作業に

時間を費やすことができる。



これを駆使することで、

自分が作業する時間を限りなく少なくすることができます。




巷の教材や塾では、

これらを組み上げることを

「自動化」と表現をしていることが多いです。



でもこれって、

決して自動で機械が動いてるわけではなく、

自分の代わりに

「誰かがやってくれている」

だけなんですよね。



商品登録だって、リサーチだってそう。

プログラムやシステムを開発してくれたり、

それを動かしてくれたり、

ショップやバナーのデザインをするのも、

全部「人」がやってくれてるんです。



間違っても、

自分が全てをやっているとか、

機械的に自動で回っているなんて

思っちゃダメですよ?



例えお金を払っていたとしても、

自分が嫌な部分やできない部分、

手間のかかる部分を代わりにやってもらっているんですから、

そこに対して、しっかりと感謝の気持ちを持つようにして下さい。



そうすることで、

仕事をお願いしている方たちも、

気持よく仕事ができますし、

仕事の質だって良くなるはずです。

そうすれば、お互いに末永く付き合っていけるじゃないですか?




結局全ては「人」なんです。



そこを大切にしない限り、

上辺だけの仕組みを作ったって、

そんなものはすぐに崩れてしまいますよ。



あなたは関わっていく人と、

すぐに崩れてしまうような

上辺だけの関係を築きたいですか?



それとも、

お互いの関係を良くしながら、

末永く付き合っていきたいですか?




僕は迷うことなく後者を選びます。



その方が、間違いなく

自分の望む人生を歩んでいけますからね。




佐野 正一

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先日から公開している長倉さんとの無料講座
【理想のライフスタイル創り方】

たくさんの方から個別にメッセージを頂き、
ご好評を頂いております。

動画講座を観て頂いた上での
質問も受け付けておりますので、
是非ご参加下さい。

*詳細・参加はコチラから* 
→ http://rbajapan.com/event/ideal-lifestyle/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

p.s.

先日、海外在住のパートナーが来日していたので、

初めてお会いしてきました。



まだ小さい息子さんと、

男2人旅をしてるということで、

日本中を旅してたみたいなんですね。



2人で美味しい物を食べたり、

色々な場所に遊びに行って、

息子さんが喜ぶ姿を見てとても感動したと

言ってらっしゃいました。



目には見えないですけど、

しっかりとした絆で結ばれている。



そんな2人を見て、

すごく素敵な親子だなって思ったんですね。



僕も息子がもう少し大きくなったら、

絶対に男2人旅するって決めました!




写真は、

その親子がディズニーに行くというので、

うちの家族も急遽ご一緒させて頂き、

初めて息子と一緒にゴーカートに乗った時の写真です。



途中から息子はハンドルを握らず、

レールにバンバン当たってましたが、

息子はそれが楽しいみたいで、爆笑していました。(笑)






■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



佐野 正一のさらに濃厚な情報を、メールマガジンで配信中です!!



無料ですのでお気軽にご登録下さい。 ⇒ 登録はこちら



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。

コメント(必須)