苦しみをワクワクに

  1. Home
  2. 苦しみをワクワクに

2014-11-29 03:43:31

カテゴリー:お出掛け



苦しみの先にある、

楽しさを明確にイメージできる人だけが、

苦しみの道を選択することができる。




人は目の前に、

「楽な道」と「苦しみの道」がある場合、

「楽な道」を選ぼうとします。



これは当り前ですよね。

「苦しみの道」自体には、

良いことはないのですから。




でも、

何かに変化を望む場合、

「苦しみの道」を選ぶ必要性がでてきます。



自分の今の人生を変えたいと思ったら、

普段は選ぶことのない、

「苦しみの道」を選ばなければ、

何も変えることはできないんです。



だってそうですよね?

今まで既にやってきたことを、

どれだけ繰り返したって、

今までと同じ結果しか出ないのですから。



今の状態から変えようと思ったら、

今までやったことないことを

やるしかないんですよ。




でも、多くの人は

それを分かっていても、

「苦しみの道」を選んで歩みを始めることも、

それを継続することも中々できません。



それは、

「苦しみの道」の先に得られるものを、

明確にイメージすることが

できていないからです。



それができれば、

普通に見たら「苦しみの道」だって、

情熱を持って、ワクワクしながら

進んで行くことができます。



その先に得られるものが

明確に分かっていれば、

下の道を見ずに、

そこだけを真っ直ぐ見て、

進むことができますからね。




もし道の途中で、

辛くなって辞めたくなったとしても、

簡単に歩くのをやめないで下さい。



その「苦しみの道」が

初めて歩いた森だとしたら、

あとどれくらいで森を抜けられるかなんて、

抜けてみないと分からないんですから。



もしかしたら、

あとほんの少し歩けば、

目的地に着くかもしれないのに、

そこで引き返すなんて

めちゃくちゃ勿体無いじゃないですか。




僕自身、今までを振り返ってみると、

全ての変化には

「苦しみの道」がセットでした。



しかも、そこで得たものが

一番大きかったんですね。

だから今では、

その苦しんだ経験に感謝しています。



そして今も僕は、

新たな「苦しみの道」を選んで、

ワクワクしながら進んでる途中です。

その先に得られるものを、

真っ直ぐに見ながら。




今まで生きてきて、

一度も「苦しみの道」を通ったことがない場合、

そこを通ることは、決して簡単ではないはずです。



そんな時は、

その道の先に得られるものを

明確にイメージして、

苦しみをワクワクに変えて進んで下さい。



ワクワクに変えることさえできれば、

「苦しみの道」だなんて

自分では感じないはずです。




その道は、自分の人生にとって

”良い変化をもたらす道”

なんですから。




佐野 正一

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先日から公開している長倉さんとの無料講座
【理想のライフスタイル創り方】

動画講義をご覧頂いた方からの、
質問回答も行っております。

*詳細・参加はコチラから* 
→ http://sanomasahito.com/taidan-wp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

p.s.

普段は車での移動ばかりなのですが、

この前、久しぶりに自転車で

お出かけしてきました。



いやー、たまに乗ると

自転車も気持ちいいもんですね。



息子も楽しいみたいで、

すごくはしゃいでました。



まあ、この後目的地に着く前に、

息子は寝ちゃってたんですけどね。



車といい自転車といい、

乗り物ではよく寝る子みたいです。






■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



佐野 正一のさらに濃厚な情報を、メールマガジンで配信中です!!



無料ですのでお気軽にご登録下さい。 ⇒ 登録はこちら



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。

コメント(必須)