【ハワイ家族旅行リポート(フライト編)】

  1. Home
  2. 【ハワイ家族旅行リポート(フライト編)】

2014-07-27 00:52:50

カテゴリー:旅行


先日、ハワイに家族旅行に行ってきました。
 
 
新婚旅行以来3年ぶりのハワイで、
 
子どもが生まれてからは初のハワイだったのですが、
 
フライト、ショッピング、グルメ等、
 
全体的に気付きが多い旅行になったので、
 
その模様を何回かに分けてリポートしたいと思います。
 
 
 
今回の旅行は航空券とホテルがセットの
 
ツアーパックでは手配せず、
 
仕事でためているマイルを使って航空券を取得し、
 
ホテルはアメックスのコンシェルジェ・デスクを使って、
 
特典が付いていて 子連れに優しい
 
ヒルトンハワイアンビレッジを手配して頂きました。
 
 
 
まず、子連れでの海外旅行の
 
最初の関門となるのは飛行機です。
 
 
ハワイの飛行時間は行きが6時間半〜7時間、
 
帰りが9時間前後かかります。
 
( 帰りのほうが飛行時間が長くなるのは
 気流の関係のようです。)
 
 
子連れの海外は初ではなかったのですが、
 
今まではグアムが一番遠いフライトだったので、
 
それに比べるとかなり長い時間のフライトです。
 
 
2歳の誕生日を間近に控えた
 
ワンパクな息子が大丈夫かどうか、
 
少し心配していたのですが。。。
 
 
その心配は見事に的中!
 
 
朝起きてから出発時刻の19:25まで
 
一回もお昼寝させずに飛行機に搭乗させ、
 
フライト中に熟睡してもらうというのが
 
僕と妻の作戦だったのですが、
 
その作戦は見事に失敗に終わりました。
 
 
離陸後に30分ほどは寝たのですが、
 
食事が出たタイミングで起きてしまい、
 
その後は映画を見せても、
 
事前に用意したシールや塗り絵で遊ばせても、
 
いつもとは違う飛行機の環境に興奮してしまったのか、
 
一向に眠ろうとしません。
 
 
本人も眠そうにはしているのですが、
 
眠ることはできずに不機嫌な状態、
 
その状態の息子の面倒を見るのは一苦労です。
 
 
その状態は最後まで続き、
 
結局息子は最初の30分だけで
 
あとは一切寝れずに、
 
僕と妻も一睡もできず。
 
 
家族3人くたくたの状態で
 
ハワイに到着することになりました。
 
 
睡魔が限界にきていた息子は
 
空港からホテルに向かうシャトルバスの中で爆睡。
 
(日本でも車に乗せるとすぐ寝るんですよね。)
 
 
ホテルに着いたのはAM9:00頃、
 
通常チェックインできるのはPM2:00からだったので、
 
先に荷物だけ預けて、
 
どこか仮眠できる場所を探さなきゃと思っていたのですが、
 
フロントの方のご好意で、
 
なんとそのままチェックインさせて頂けることに。
 
 
(日本語はあまり通じない方だったのですが、
 とても親切な対応をして頂ける
 素晴らしいスタッフさんでした!)
 
 
残念ながら今回は、
 
アメックスの特典の一つである、
 
「無償での部屋のアップグレード」を
 
受けることはできませんでしたが、
 
実際に部屋に入ってみたところ、
 
想像以上に窓から見える景色がキレイで、
 
僕と妻も大満足でした!!
 
(アップグレードを受けていたら、
どれだけ良かったのかも気になるので、
また再挑戦してみます!)
 
 
もちろん部屋からの景色を楽しんだ後は、
 
家族3人一緒に早めの昼寝をして、
 
時差をとりました。笑
 
 
 
《旅行メモ》
今回の投稿で登場したもの
 
○アメックス プラチナコンシェルジュ・デスク
(電話1本で様々なことを手配してくれます。
 しかも24時間対応!)
http://www.americanexpress.com/japan/contents/benefits/product/platinum.shtml
 
 
○ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ
(今回泊まったのは
 アリイ・タワーという建物でした。)
http://hiltonhawaiianvillage.jp/about-resort/resort-facts
 
 
○ANAマイレージクラブ
(ためたマイルで特典航空券を手配できます。)
http://www.ana.co.jp/asw/AMCTopServlet
 
 
○ユナイテッド航空
(スター アライアンス加盟航空会社全社なので
 ANAのマイルで特典航空券が手配可能です。)
http://www.united.com/web/en-US/default.aspx
 
 
※ビジネスクラスの場合、
お子様連れだったら、
階段上がってすぐの座席が、
前が壁で通路を挟んで隣も座席がないので、
周りにそこまで迷惑をかけることがなく
おすすめです。
 
キャビンアテンダントさんがいるところからも
一番近い位置なのですぐに来てくれます。
 
僕たち家族は行き帰りともその座席にしました。
 
(座席は進行方向と逆向きですが、
 ほとんど気になりませんでした。)
 
 
※機内食は洋食(2種)、和食の3つから選べました。
息子が一番喜んだのは、
デザートのバニラアイスでした。笑
 
 
◎小幼児運賃
2歳以上の子どもになると、
小児(2歳以上12歳未満)に分類され、
大人の75%の運賃がかかります。
 
また、2歳未満で座席を必要としない場合は、
幼児として大人の10%の運賃がかかります。
 
2歳の誕生日をまたぐかどうかで、
ここまで料金が変わるのはびっくりですよね。
 
今回の旅行では帰国便の搭乗日が、
息子の誕生日の直前だったので、
幼児運賃が適用されました。
 
息子の幼児運賃が適用されるのは
これが最後だったので、
座席はマイルで大人2名分の
ビジネスクラスを手配しました。
 
(エコノミーを3席とるか迷ったのですが、
 息子が座席を必要としないのは今回限りだったので。)
 
ビジネスクラスのシートは
座席がフルフラットにもなって快適なのですが、
真ん中が仕切られているため、
並びの2席を効率よく活かすことができず、
子どもを寝かせるスペースを
確保するのが難しかったです。
 
色々試してみましたが、
下記の2つの方法が良かったです。
 
1、座席をフルフラットにして
大人は上体を起こし、
背部のスペースで寝かしてあげる。
 
2、座席の脚の部分を水平にし、
大人は脚を少し開脚しながら伸ばし、
その間のスペースで寝かしてあげる。






■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



佐野 正一のさらに濃厚な情報を、メールマガジンで配信中です!!



無料ですのでお気軽にご登録下さい。 ⇒ 登録はこちら



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。

コメント(必須)